野村紘一の紹介

野村紘一の人生

フードコーディネーターは、これまでの人生でも食というものと結びつきが強かったみたいです。
まだ小さいころから、料理が好きでよくおうちの台所に立っていたといいますから、娘を持つ私としてはこれだけ聞いてもうらやましくなってしまいます。うちの娘たちもちょっとはお手伝いをしてほしいなどといつもボヤいている私です。

でも、無理に家族から押し付けられるようにして料理をしていたわけではなく、もちろん好きだからこそ今でもフードコーディネーターとして活躍できているのだと思います。

フードコーディネーターという職業

もちろん昔はまだフードコーディネーターという職業もあまり耳にすることがありませんでしたから、フードコーディネーターというよりは料理人として修業をつむという進路を選択しました。

フードコーディネーターというと、いわばインテリアコーディネーターのように食事関係の業者やお店などのお手伝いをするビジネスといったイメージもありますが、私の根底には料理好きという血が流れているので、地に足の着いたのかなあという印象です。

料理には自信あり

なので飲食店ビジネスというだけではなく野村紘一考案メニューの内容を見ても単純にいちどは食べてみたいと思うようなおいしそうな料理ばかりがならんでいます。
それに、最近話題になりやすい地産地消に積極的だったりと、社会的な面においても職を通じて貢献をしているので、かなり幅広い視野をもって活動しています。

フード業界

フード業界も、かなり入れ替わりが激しかったりトレンドも変わりやすくなってきています。そんな中でも、根強くフードコーディネーターとして活動しています。

料理というと、もちろん私たちが生まれてからずっと口にしてきたものですから、なつかしい味だったりほっとする味というものがあります。でも今フード業界でお店を出そうとしてもそれだけでは成功することはできません。

求められているもの

やはり消費者のみなさんはなつかしさだけではなく、目新しさももとめてお店にやってくるからです。ですから確実な料理についての知識がベースにあって、さらにこれから先のフード業界のトレンドも見越せるようなフードコーディネーターが求められているということでしょう。

野村紘一というブランド

「野村紘一」というフードコーディネーターは、幼いころから料理と身近に接してきて、中学生のころからこの業界を目指そうとぼんやりと思い始めました。

そして高校生のころにはすでにキッチン担当として仕事として経験を積み始めたということなので、しっかり料理人としての基礎的な勉強もすませているんです。

そしてその後はついに野村紘一との名前を冠したお店をオープンしていて、この道をまっすぐ進んできたと思っています。
お店を出すようになってからは、もっと経営の面でも視野を広げていきたいということで、フードコーディネーターとして活動するようになっています。こうした経歴があるからこそ、信頼が得られていると思っています。

野村紘一が料理をするきっかけとなったエピソード

学生の頃はスポーツ部に所属し、体力と健康に関しては誰にも負けない自信を持っていました。
しかし会社で受ける定期的な健康診断で、内臓脂肪が平均よりも多いと指摘されたので衝撃を受けたそうです。
健康診断の結果には、食生活を改善したり定期的な運動が必要だというアドバイスがありました。
食生活に関しては、一人暮らしを始めてから外食やスーパーのお弁当を食べることが増えたり、夜に間食をすることが増えたという心当たりがありました。
野村紘一には大学の同期生で社会人になってからも仲良く付き合っている友人がいますが、その友人は学生の時と全く変わらないスリムな体つきをしています。その理由を尋ねたところ、自炊料理をしているかもしれないという答えがかえってきました。
実は実家にいるときに母親が働いていたので家事を手伝っていたため、ある程度は料理をすることができます。ただ面倒だというだけで料理をしなかったのですが、健康のためにも自分も自炊をしようと決心しました。
料理はやってみると楽しくて、今ではこの通りです。様々なジャンルのレシピを習得することができるようになったので、友人や家族にもごちそうをしたくなります。

  • 最終更新:2018-06-07 17:47:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード